BCP策定

自然災害、新型インフルエンザ等で緊急事態に陥っても
安定して事業が継続できる仕組みづくりをお手伝いいたします。

中小企業庁は、企業が自然災害等の緊急事態に遭遇した際、事業の継続を図るための事前の取組であるBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)について、中小企業での策定を推進しています。
さくら総研では、各種BCP策定に関する研修を実施しています。

各種研修

BCP策定コンサルティング

■費用 75万円~
■対象 全業種(担当者を選定し計画を作成していきます。)
■コンサル内容 事業者様に合わせたB C Pを策定するためのコンサルティングを行います。
緊急時の実践に対応する内容で、経験豊富な講師がお伺いします。
■主任講師 巽 正司

BCP担当者研修全額助成金対応

■費用 30万円(1社あたり 複数名研修可能)
■対象 全業種(助成金活用は、医療・福祉 運輸 I T・通信 農業に限る)
■時間 10時間研修(2日間)
■会場 受講者会社内
■講習内容 B C P 策定前には、基礎知識を学ぶことが推奨されています。
基礎を学んだ上での策定作業をおこなうことにより、高度な計画作成に
役立ちます。
■主任講師 巽 正司
■助成金について 厚生労働省中小企業労働環境向上助成金を活用したプランです。
成長産業( 厚生労働省規定)
例:農林水産業、情報通信産業、運輸業、
医療福祉関連他
30万円(1社あたり)
労働局提出のための書類作成 安心サポート

BCP現場従業員緊急対応レベルアップ研修全額助成金対応

■費用 10万円(1名あたり 21時間コース)
■対象 全業種(キャリアアップ助成金活用時は、非正規労働者に限る)
■時間 21時間研修(3日間)
■会場 受講者会社付近研修施設(当方で会場を用意します。)
■講習内容 B C Pの運用には、経営陣による策定を組織全体に理解させ、活用する必要があります。
地震・インフルエンザなどのリスクは、いつ訪れるか分かりません。
現場での事前の訓練・研修を行い、万が一に備える研修です。
■主任講師 巽 正司
■助成金について 厚生労働省中小企業労働環境向上助成金を活用したプランです。
全業種
10万円(1名あたり)
労働局提出のための書類作成 安心サポート

講師紹介

巽 正司(主任講師)

■プロフィール
●1958年大阪市生まれ。同志社大学法学部法律学科卒。上場会社勤務を経て1995年より、企画クリエイター・ 教育アドバイザー・ビジネスライター。
●マネージメント・人材育成・情報リテラシー・コミュニケーション能力向上・人事考課のプログラミング・業務改善・事業計画書作成・広報・販促企画等のコンサルティングを手がける。
●講演・研修活動は、実戦話力・コミュニケーション・クレーム応対・ディベート・ロジカルシンキング・プレゼテーション・創造力、企画力向上・文章作成等をテーマに行う。

■講演・講座実績
松下電器、関西電力、中部電力、NTT西日本、NTTユーザー協会、NTTデータ関西、東芝情報機器、日本生命、第一生命、松坂屋、PHP総合研究所、中部マーケテイング協会、ジョイントコーポレーション、国土交通省近畿整備局、兵庫県立教育研究所、全国商工会議所、雇用能力開発機構、青年会議所、ヒューマン・アカデミー、大阪商業大学、大阪経済法科大学、大阪樟蔭女子大学、京都女子大学、兵庫大学、神戸国際大学、 他

BCP策定事例


↑画像クリックで拡大します。